くらし・法律・労働相談


生活相談・労働相談常時受け付けています。一人で悩む前に即電話を!

優れた弁護士・税理士・司法書士・介護福祉士・労働組合など専門家の知恵と力を借りて、けしば誠一と新城せつこが親身になってご相談に応じ、解決にあたります。

電話&FAX 03-3315-3820
24時間365日、不在の折は連絡先を留守に入れてください。



2018年9月27日(木) くらし・労働・法律相談会のお知らせ
2018/08/16 木曜日 13:46:12 JST

困ったときにひとりにしません
くらし・労働・法律相談会のお知らせ

日時:9月27日(木)午後6時30分~8時30分
場所:阿佐谷地域区民センター第2集会室
担当:荒木昭彦 弁護士

ご相談は無料です。
事前にお電話いただければ、ご希望の相談時間をお決めになれます。

★緊急の時は090-5497-4222(けしば誠一まで)

 
2018年6月29日(金) くらし・労働・法律相談会のお知らせ
2018/06/21 木曜日 12:11:37 JST
困ったときにひとりにしません
くらし・労働・法律相談会のお知らせ

2018年6月29日(金)午後6時30分~8時30分

阿佐谷地域区民センター 第3会議室
担当:萱野一樹 弁護士

ご相談は無料です。
事前にお電話いただければ、ご希望の相談時間をお決めになれます。

緊急の時は090-5497-4222(けしば誠一) 090-1500-9886(新城せつこ)まで
>> 続きを読む...
 
2月28日(水) くらし・労働・法律相談会のお知らせ
2018/02/11 日曜日 19:13:27 JST
困ったときにひとりにしません
くらし・労働・法律相談会のお知らせ

2月28日(水)午後6時30分〜8時30分

阿佐谷地域区民センター 第8集会室
担当:萱野一樹 弁護士

緊急の時は090-5497-4222(けしば) 090-1500-9886(新城)まで
>> 続きを読む...
 
9月29日(金) くらし・労働・法律相談会
2017/09/27 水曜日 14:19:25 JST

くらし・労働・法律相談会

日時:9月29日(金)午後6時30分~8時30分

場所:阿佐ヶ谷地域区民センター・2階 第3集会室
   最寄りの駅 JR阿佐ヶ谷駅 徒歩2分

担当弁護士:萱野一樹

主催:区議会議員 新城せつこ、区議会議員 けしば誠一

お一人で悩まないで、一緒に考えれば解決の糸口がみつかります。

相談は無料です。

弁護士・税理士、労働問題の専門家といっしょに相談に応じます。

事前にご連絡いただけると、お待ちいただくことなく応じることができます。

緊急の時はいつでも 090-5497-4222 (けしば)、 090-1500-9886 (新城)まで

顧問弁護士(敬称略) 荒木昭彦・大口昭彦・一瀬敬一郎・萱野一樹

 
8月29日(火) くらし・労働・法律相談会
2017/08/08 火曜日 13:07:38 JST

くらし・労働・法律相談会

日時:8月29日(火)午後6時30分~8時30分

場所:阿佐ヶ谷地域区民センター・第3集会室
   最寄りの駅 JR阿佐ヶ谷駅 徒歩2分

担当弁護士:荒木昭彦

主催:区議会議員 新城せつこ、区議会議員 けしば誠一

お一人で悩まないで、一緒に考えれば解決の糸口がみつかります。

相談は無料です。

弁護士・税理士、労働問題の専門家といっしょに相談に応じます。

事前にご連絡いただけると、お待ちいただくことなく応じることができます。

緊急の時はいつでも 090-5497-4222 (けしば)、 090-1500-9886 (新城)まで

顧問弁護士(敬称略) 荒木昭彦・大口昭彦・一瀬敬一郎・萱野一樹

 
7月27日(木)くらし・労働・法律相談会
2017/07/10 月曜日 19:10:16 JST

くらし・労働・法律相談会

日時:7月27日(木)午後6時30分~8時30分

場所:阿佐ヶ谷地域区民センター・第6集会室
   最寄りの駅 JR阿佐ヶ谷駅 徒歩2分

担当弁護士:萱野一樹

主催:区議会議員 新城せつこ、区議会議員 けしば誠一

お一人で悩まないで、一緒に考えれば解決の糸口がみつかります。

相談は無料です。

弁護士・税理士、労働問題の専門家といっしょに相談に応じます。

事前にご連絡いただけると、お待ちいただくことなく応じることができます。

緊急の時はいつでも 090-5497-4222 (けしば)、 090-1500-9886 (新城)まで

顧問弁護士(敬称略) 荒木昭彦・大口昭彦・一瀬敬一郎・萱野一樹

 
6月26日(月) くらし・労働・法律相談会
2017/06/17 土曜日 16:42:17 JST

くらし・労働・法律相談会

日時:6月26日(月)午後6時30分~8時30分

場所:阿佐ヶ谷地域区民センター・第2集会室
   最寄りの駅 JR阿佐ヶ谷駅 徒歩2分

担当弁護士:荒木昭彦

主催:区議会議員 新城せつこ、区議会議員 けしば誠一

お一人で悩まないで、一緒に考えれば解決の糸口がみつかります。

相談は無料です。

弁護士・税理士、労働問題の専門家といっしょに相談に応じます。

事前にご連絡いただけると、お待ちいただくことなく応じることができます。

緊急の時はいつでも 090-5497-4222 (けしば)、 090-1500-9886 (新城)まで

顧問弁護士(敬称略) 荒木昭彦・大口昭彦・一瀬敬一郎・萱野一樹

 
3月21日(火) くらし・労働・法律相談会
2017/03/01 水曜日 12:33:08 JST

くらし・労働・法律相談会

日時:3月21日(火)午後6時30分~8時30分

場所:阿佐ヶ谷地域区民センター・第8集会室
   最寄りの駅 JR阿佐ヶ谷駅 徒歩2分

担当弁護士:萱野一樹

主催:区議会議員 新城せつこ、区議会議員 けしば誠一

お一人で悩まないで、一緒に考えれば解決の糸口がみつかります。

相談は無料です。

弁護士・税理士、労働問題の専門家といっしょに相談に応じます。

事前にご連絡いただけると、お待ちいただくことなく応じることができます。

緊急の時はいつでも 090-5497-4222 (けしば)、 090-1500-9886 (新城)まで

顧問弁護士(敬称略) 荒木昭彦・大口昭彦・一瀬敬一郎・萱野一樹
 

 
2月24日(金) くらし・労働・法律相談会
2017/02/07 火曜日 12:33:08 JST

くらし・労働・法律相談会

日時:2月24日(金)午後6時30分~8時30分

場所:阿佐ヶ谷地域区民センター・第2集会室
   最寄りの駅 JR阿佐ヶ谷駅 徒歩2分

担当弁護士:荒木昭彦

主催:区議会議員 新城せつこ、区議会議員 けしば誠一

「ブラックバイト」などで苦しむ若者を応援します。

相談は無料です。

弁護士・税理士、労働問題の専門家といっしょに相談に応じます。

事前にご予約いただければ相談時間が決まります。

1月30日相談会には予約のあった方を含め6件のご相談がありました。

事前にご連絡いただけると、お待ちいただくことなく応じることができます。

ご連絡いただけると、幸いです。

緊急の時はいつでも 090-5497-4222(けしば)、090-1500-9886(新城)まで

顧問弁護士(敬称略) 荒木昭彦・大口昭彦・一瀬敬一郎・萱野一樹
 

 
1月30日(月) くらし・労働・法律相談会
2017/01/13 金曜日 18:20:58 JST

くらし・労働・法律相談会

日時:1月30日(月)午後6時30分~8時30分

場所:阿佐ヶ谷地域区民センター・第2集会室
   最寄りの駅 JR阿佐ヶ谷駅 徒歩2分

担当弁護士:萱野一樹

主催:区議会議員 新城せつこ、区議会議員 けしば誠一

「ブラックバイト」などで苦しむ若者を応援します 

相談は無料です。

弁護士・税理士、労働問題の専門家といっしょに相談に応じます。

事前にご予約いただければ相談時間が決まります。

緊急の時はいつでも  090-1500-9886(新城せつこ)まで

顧問弁護士(敬称略) 荒木昭彦・大口昭彦・一瀬敬一郎・萱野一樹

くらしの悩み相談の実例から

①.30代。1歳児の母親。家庭福祉員(保育ママ)は長時間保育が無理で、来年は認可保育園を希望。
◎土曜日にも設置された庁内の保育相談申請窓口に同行。「一緒に行ってもらって、自分では気づかなかったことがわかり、質問できて良かった」と言われた。2月に結果、入所を期待します。

②.30代。他区から杉並に越してきて、1歳児が保育園に入れず困っている。
◎保育課に相談し、ひとまず通勤路にある認可外を紹介してもらい入所。来年4月に向け、近隣で1歳児の枠が多い認可保育園に申請。

③.30代。配偶者のDVでメールで相談を受ける。
◎福祉事務所に同行し、女性相談員に面談。現状を脱するためには本人の意志が重要であり確認。職員が車を手配し、付き添って一時避難施設に緊急入所した。今後は新しい住居を確保することに。

④.70代。地方にいる息子が突然死。夫婦は年金暮らしで、交通費や部屋の片づけ費用がなく、大家との交渉もできずに困っている。
◎顧問弁護士に相談。まず両親の遺産放棄の手続きに入り、アパートの掃除は近くの友人たちが力を貸してくれ、大家さんには顧問弁護士が交渉し、解決した。

⑤.50代。朝起き上がれず一日中ダルさで寝たきりの時もあり、働くことが出来ない。福祉事務所に生活保護の相談に行ったが無理だと言われた。
◎法律相談会のチラシを見て来所。ご本人の話を聞き、弁護士に相談するまでもなく、福祉事務所に同行。交渉を通じて、相談係が本人のこれまでの話から、預金や他からの生活費の援助があったと誤解していたことが判明。いったん断られたことでもあり、本人は半信半疑だったが、担当窓口の認識不足が判明し、生活保護支給が決定された。

一緒に考えれば解決の道がひらけます。ひとりで悩むよりまずご相談を!
 

 
<< 最初 < 戻る 1 2 次へ > 最後 >>

結果 1 - 10 of 18