おしらせ
新城せつこの区政報告(2018年8月299号)を発行
2018/08/21 火曜日 11:04:44 JST

新城せつこの区政報告(2018年8月299号)を発行しました。

西日本豪雨で甚大な被害!政府は住民のための復旧を急げ 区から見舞金100万円清掃車と職員等派遣

 警察庁は7月23日、西日本豪雨による被災地での死者数が224人となり、依然行方不明者は13人と発表。避難者は、消防庁によると7月21日時点で13府県約4400人。厚労省によると、22日時点で岡山、広島、愛媛3県の約1万7千戸が断水しています。
 区では岡山県と広島県に各50万円見舞金を届け、区役所等に募金箱を設置、議会でも義援金を集めています。13日から、支援物資と清掃職員5人社会福祉協議会から2名、19日から清掃車1台と職員6名を、被害の甚大な岡山県総社市に派遣、21日からは倉敷市へ罹災証明発行業務の2名を送りました。東日本大震災時の教訓から、自治体間の迅速で効果的な支援が期待できます。

13日清掃職員などの出発式で激励

 杉並区は、2011年東日本大震災の際に国に先駆け南相馬市の支援に動きました。この度の西日本豪雨の被災地にも率先して支援に取り組んでいます。13日区役所前で支援物資を運ぶ車両と派遣する職員の出発式が行われ、職員や議会からも激励にかけつけました。区長から「実際に現地で見て何が必要か、区で何ができるかをすぐ知らせて欲しい。共にできる限りの支援をやりましょう」と励しの言葉が送られました。

災害対策おこたり酒宴に興じた安倍内閣

 気象庁は7月5日14時の段階で「観測史上を更新する記録的豪雨」を発表、注意を喚起しました。20時には大阪兵庫などで20万人に避難勧告が出されました。その時安倍首相や小野寺防衛相等50人の閣僚たちは衆院宿舎で「赤坂自民亭」なる宴会に興じていたのです。豪雨に対する閣僚会議を行ったのは7日の10時過ぎ、非常災害対策本部が設置され7府県に対する災害救助法が指定されたのは、翌日8日の9時過ぎでした。この段階で死者・行方不明者はすでに120人を超えていました。

災害対策よりカジノ法案通過を優先

 その後カジノ法を核とする統合型リゾート実施法案は20日午後の参院本会議で採決され、与党と日本維新の会などの賛成多数で可決成立しました。災害対応に全力を傾けるべき緊急事態に、人命よりも党利を優先し、「働き方改革」関連法とカジノ法案など、国民の納得が得られない法案を数の力で押し通した姿勢は許せません。

河北健診クリニック 肺がんの見落とし がん検診・区民検診体制の徹底した再検証を求めます

 7月13日、杉並保健所から「区内医療機関における肺がんの見落としについて」、文書での報告がありました。17日には河北病院で記者会見が行われ報道されました。河北健診クリニックが実施した胸部レントゲン検査で、肺がんの「見落とし」があり、今年6月に40代の女性が亡くなられた事実です。女性は2005年以降このクリニックで10回の検診を受けていました。

国の指針を満たさない読影体制

 国の指針では、呼吸器科や放射線科の医師2名および経験を有する医師による読影が義務付けられています。
 病院によれば、肺がんが疑われるレントゲン画像がある2014年には内科医と放射線医の2名による読影が行われ、内科医が精密検査を必要とするとの所見を示しながら、その後に読影した専門医によって「異常なし」と結論づけられました。
 翌年の肺がん検診は専門医ではない2名の内科医が読影に当たり、前年の所見をそのまま引用、その翌年も同様の体制で行われています。国の指針などを満たさない河北病院の読影のあり方自体が判明しました。

今後の検診体制の見直しを

 区は、河北検診クリニックが行った肺がん検診の再読影を要請。2014年9月以降に異常なしと判定された9,424人の画像を確認したところ、44人に精密検査を必要とするD、E判定が出ています。この方たちには精密検査への受診勧奨を行い、33人に連絡が取れました。
 この件は、区民検診への信頼をも揺るがす重大事態です。がん検診は早期に発見し健康を支えることが目的です。これ機に区は外部の専門家による検討委員会を設け、検診体制の抜本的再検討をはじめました。
 河北病院は今後は専門医の体制をとり、“疑い”があるなど重い判定を優先するとしました。区には医師会とも連携し、今後注視するよう求めていきます。

 
けしば誠一の区政報告(2018年8月350号)を発行
2018/08/21 火曜日 10:13:08 JST

けしば誠一の区政報告(2018年8月350号)を発行しました。

西日本豪雨で甚大な被害!政府は住民のための復旧を急げ 区から見舞金100万円清掃車と職員等派遣

 警察庁は7月23日、西日本豪雨による被災地での死者数が224人となり、依然行方不明者は13人と発表。避難者は、消防庁によると7月21日時点で13府県約4400人。厚労省によると、22日時点で岡山、広島、愛媛3県の約1万7千戸が断水しています。
 区では岡山県と広島県に各50万円見舞金を届け、区役所等に募金箱を設置、議会でも義援金を集めています。13日から、支援物資と清掃職員5人社会福祉協議会から2名、19日から清掃車1台と職員6名を、被害の甚大な岡山県総社市に派遣、21日からは倉敷市へ罹災証明発行業務の2名を送りました。東日本大震災時の教訓から、自治体間の迅速で効果的な支援が期待できます。

13日清掃職員などの出発式で激励

 杉並区は、2011年東日本大震災の際に国に先駆け南相馬市の支援に動きました。この度の西日本豪雨の被災地にも率先して支援に取り組んでいます。13日区役所前で支援物資を運ぶ車両と派遣する職員の出発式が行われ、職員や議会からも激励にかけつけました。区長から「実際に現地で見て何が必要か、区で何ができるかをすぐ知らせて欲しい。共にできる限りの支援をやりましょう」と励しの言葉が送られました。

災害対策おこたり酒宴に興じた安倍内閣

 気象庁は7月5日14時の段階で「観測史上を更新する記録的豪雨」を発表、注意を喚起しました。20時には大阪兵庫などで20万人に避難勧告が出されました。その時安倍首相や小野寺防衛相等50人の閣僚たちは衆院宿舎で「赤坂自民亭」なる宴会に興じていたのです。豪雨に対する閣僚会議を行ったのは7日の10時過ぎ、非常災害対策本部が設置され7府県に対する災害救助法が指定されたのは、翌日8日の9時過ぎでした。この段階で死者・行方不明者はすでに120人を超えていました。

災害対策よりカジノ法案通過を優先

 その後カジノ法を核とする統合型リゾート実施法案は20日午後の参院本会議で採決され、与党と日本維新の会などの賛成多数で可決成立しました。災害対応に全力を傾けるべき緊急事態に、人命よりも党利を優先し、「働き方改革」関連法とカジノ法案など、国民の納得が得られない法案を数の力で押し通した姿勢は許せません。

河北健診クリニック 肺がんの見落とし がん検診・区民検診体制の徹底した再検証を求めます

 7月13日、杉並保健所から「区内医療機関における肺がんの見落としについて」、文書での報告がありました。17日には河北病院で記者会見が行われ報道されました。河北健診クリニックが実施した胸部レントゲン検査で、肺がんの「見落とし」があり、今年6月に40代の女性が亡くなられた事実です。女性は2005年以降このクリニックで10回の検診を受けていました。

国の指針を満たさない読影体制

 国の指針では、呼吸器科や放射線科の医師2名および経験を有する医師による読影が義務付けられています。
 病院によれば、肺がんが疑われるレントゲン画像がある2014年には内科医と放射線医の2名による読影が行われ、内科医が精密検査を必要とするとの所見を示しながら、その後に読影した専門医によって「異常なし」と結論づけられました。
 翌年の肺がん検診は専門医ではない2名の内科医が読影に当たり、前年の所見をそのまま引用、その翌年も同様の体制で行われています。国の指針などを満たさない河北病院の読影のあり方自体が判明しました。

今後の検診体制の見直しを

 区は、河北検診クリニックが行った肺がん検診の再読影を要請。2014年9月以降に異常なしと判定された9,424人の画像を確認したところ、44人に精密検査を必要とするD、E判定が出ています。この方たちには精密検査への受診勧奨を行い、33人に連絡が取れました。
 この件は、区民検診への信頼をも揺るがす重大事態です。がん検診は早期に発見し健康を支えることが目的です。これ機に区は外部の専門家による検討委員会を設け、検診体制の抜本的再検討をはじめました。 河北病院は今後は専門医の体制をとり、“疑い”があるなど重い判定を優先するとしました。区には医師会とも連携し、今後注視するよう求めていきます。

 
新城せつこの区政報告(2018年8月298号)を発行
2018/08/21 火曜日 09:59:11 JST

新城せつこの区政報告(2018年8月298号)を発行しました。

西日本豪雨で甚大な被害!政府は住民のための復旧を急げ 区から見舞金100万円清掃車と職員等派遣

 警察庁は7月23日、西日本豪雨による被災地での死者数が224人となり、依然行方不明者は13人と発表。避難者は、消防庁によると7月21日時点で13府県約4400人。厚労省によると、22日時点で岡山、広島、愛媛3県の約1万7千戸が断水しています。
 区では岡山県と広島県に各50万円見舞金を届け、区役所等に募金箱を設置、議会でも義援金を集めています。13日から、支援物資と清掃職員5人社会福祉協議会から2名、19日から清掃車1台と職員6名を、被害の甚大な岡山県総社市に派遣、21日からは倉敷市へ罹災証明発行業務の2名を送りました。東日本大震災時の教訓から、自治体間の迅速で効果的な支援が期待できます。

災害対策おこたり酒宴に興じた安倍内閣

  気象庁は7月5日14時の段階で「観測史上を更新する記録的豪雨」を発表、注意を喚起しました。20時には大阪兵庫などで20万人に避難勧告が出されました。その時安倍首相や小野寺防衛相等50人の閣僚たちは衆院宿舎で「赤坂自民亭」なる宴会に興じていたのです。豪雨に対する閣僚会議を行ったのは7日の10時過ぎ、非常災害対策本部が設置され7府県に対する災害救助法が指定されたのは、翌日8日の9時過ぎでした。この段階で死者・行方不明者はすでに120人を超えていました。

災害対策よりカジノ法案通過を優先

 その後カジノ法を核とする統合型リゾート実施法案は20日午後の参院本会議で採決され、与党と日本維新の会などの賛成多数で可決成立しました。災害対応に全力を傾けるべき緊急事態に、人命よりも党利を優先し、「働き方改革」関連法とカジノ法案など、国民の納得が得られない法案を数の力で押し通した姿勢は許せません。

13日清掃職員などの出発式で激励

 国の動きが遅くとも、自治体から率先して被災地支援に動くのは、3.11に南相馬市に対した田中区政の姿勢です。13日区役所前で支援物資を運ぶ車両と清掃職員と社会福祉協議会職員の出発式が行われ、職員や議会からも多数が参加しました。区長から、「実際に現地で見て何が必要か、区で何ができるかをすぐ知らせて欲しい。共にできる限りの支援をやりましょう」と激励の言葉が送られました。

河北健診クリニック 肺がんの見落とし がん検診・区民検診体制の徹底した検証を求めます

 7月13日、杉並保健所から「区内医療機関における肺がんの見落としについて」、文書での報告がありました。17日には河北病院で記者会見が行われ報道されました。河北健診クリニックが実施した胸部レントゲン検査で、肺がんの「見落とし」があり、今年6月に40代の女性が亡くなられた事実です。女性は2005年以降このクリニックで10回の検診を受けていました。

国の指針を満たさない読影体制

 国の指針では、呼吸器科や放射線科の医師2名および経験を有する医師による読影が義務付けられています。
 病院によれば、肺がんが疑われるレントゲン画像がある2014年には内科医と放射線医の2名による読影が行われ、内科医が精密検査を必要とするとの所見を示しながら、その後に読影した専門医によって「異常なし」と結論づけられました。翌年の肺がん検診は専門医ではない2名の内科医が読影に当たり、前年の所見をそのまま引用、その翌年も同様の体制で行われています。
 国の指針などを満たさない河北病院の読影のあり方自体が判明しました。

今後の検診体制の見直しを

 区は、河北健診クリニックが行った肺がん検診の再読影を要請。2014年9月以降に異常なしと判定された9,424人の画像を確認したところ、44人に精密検査を必要とするD、E判定が出ています。この方たちには精密検査への受診勧奨を行い、33人に連絡が取れました。
 この件は、区民検診への信頼をも揺るがす重大事態です。がん検診は早期に発見し健康を支えることが目的です。これ機に区は外部の専門家による検討委員会を設け、検診体制の抜本的再検討をはじめました。 河北病院は今後は専門医の体制をとり、“疑い”があるなど重い判定を優先するとしました。区には医師会とも連携し、今後注視するよう求めていきます。

 
けしば誠一の区政報告(2018年7月347号)を発行
2018/08/21 火曜日 09:26:31 JST

けしば誠一の区政報告(2018年7月347号)を発行しました。

田中区長7万3233票で3期目信任獲得 住民の声に耳を傾け 引き続き福祉第一の区政へ

 6月24日の区長選挙は、田中良現職区長が73,233票(前回56,342票)を獲得し、3期目の信任を得ました。今回は、誹謗・中傷や怪文書まで出回る状況に、田中区長は2期8年の実績と今後の課題を積極的に訴えました。初めてツイッターやフェイスブックに取り組み、批判や疑問にも誠実に答えるよう努めました。今回試みた取組みを継続し、区民の声や疑問に丁寧に応える姿勢をさらに強めて欲しいものです。批判票にも真摯に向き合い、この間行ったLGBT当事者との面談や児童養護施設、高齢者の居場所事業で聴き取った声を区政に反映し、様々な区民との意見交換の場を積極的に設ける姿勢に期待します。区内各地の駅前や商店街でいただいた温かい励まし、ありがとうございました。

待機児童ゼロなど評価され前回上回る

  区長とともに遊説する先々で、乳児を抱いたお母さんやお父さんが駆け寄り「保育園に入れました、ありがとうございました」とお礼の言葉をいただきました。公園の一部利用に反対する声がある中で、筋を通して本当に良かったと思いました。4年前と比べ、今回は田中票が過半数を超え、前回より1万6891票上回り実績に対する評価を確認することができました。

 認可保育園希望者全員の入所を約束

 区長は、「待機児童ゼロは到達点ではない。第一に、認可保育園を希望しても入れないお子さんが26%いる現状では、認可園をさらに増やし、認可園に入れたいお子さんが全て入所できるようにする。第二に保育の質の確保につとめる」と約束しました。

特養待機者解消等福祉第―の杉並に期待

 党派を超えて田中支持が拡大したのは、区長がどこでも「自治体の役割は福祉の向上につきる」とし、その実現をたじろぐことなく進めてきた姿勢によります。  今後も待機児童ゼロを継続し、特養ホームの1000床確保や、介護・医療の連携による困難事例解決にウェルファーム杉並の活用が期待できます。寄せられた皆さんの声に応え、私もそのために力を尽くします。

 
2018年8月21日~22日臨時議会のお知らせ
2018/08/16 木曜日 13:10:34 JST

 7月17日、河北病院で記者会見が行われ、河北健診クリニックが実施した胸部レントゲン検査で、肺がんの「見落とし」があり、今年6月に40代の女性が亡くなられた事実が報道されました。病院によれば、肺がんが疑われるレントゲン画像がある2014年には内科医と放射線医の2名による読影が行われ、内科医が「精密検査を必要とする」との所見を示しながら、その後に読影した専門医によって「異常なし」と結論づけられました。
 翌年の肺がん検診は専門医ではない2名の内科医が読影に当たり、前年の所見をそのまま引用、その翌年も同様の体制で行われました。専門医1名を義務付けている国の指針などを満たさない河北病院の読影のあり方も判明しました。
 区はこの事態を重く受け止め、専門的知見に基づき原因を究明し、再発防止と精度管理の向上をはかるため、「杉並区肺がん検診外部検証等委員会」を設置する条例案を提案しました。その予算を措置する補正予算(第1号)案とともに、8月21日~22日の臨時議会を招集しました。

【2018年第2回杉並区臨時議会日程】
8月21日(火)
午前10時 本会議(議案上程、委員会付託等)議場
本会議終了後 保健福祉委員会 第3委員会室
保健福祉委員会終了後 総務財政委員会 第3委員会室

8月22日(水)
午前9時30分 議会運営委員会  第2委員会室
午前10時 本会議(議案上程、議決) 議場

 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ > 最後 >>

結果 1 - 5 of 193