おしらせ
けしば誠一の区政報告(2017年9月318号)を発行
2017/09/27 水曜日 13:33:22 JST

けしば誠一の区政報告(2017年9月318号)を発行しました。



9月11日~10月13日第3回定例会・決算委員会
夏の視察や研修で学んだことを議会質問で生かします

 7~8月夏の間は、福島を忘れないシンポと現地見学、福島子ども保養や生活保護問題などの議員研修に加え、大飯原発再稼働や東海第2老朽原発問題で関西・福井・茨城県を駆け巡り、朝の区政ニュース配布はいばらくご無沙汰してしまいました。それぞれで学んだことを、杉並区政の改革に役立てるために、11日から始まる第3回定例会・決算委員会の質疑に生かします。質問日程は決まり次第、お伝えします。お忙しいでしょうが傍聴いただければ幸いです。

福島の親子49名が富士学園で5日間保養

 8月14日~18日富士学園で福島子ども保養を実施。親子49名が参加。忍野村の盆踊りやスイカ割、富士山お中道巡りで自然を満喫しました。カンパなど皆さんのご協力に感謝いたします。

生活保護議員研修で学ぶ

 8月25日生活保護問題議員研修会が、長野の信州大学キャンパスで開催。生活保護のケースワーカーや弁護士の現場からの話は参考になりました。

沖縄とむすぶ杉並集会盛況

 8月20日今年で13回目の「沖縄とむすぶ杉並集会」は、山城博治さんをお招きし沖縄の闘いの現状、負けない力を学びました。資料がなくなる150名を超す盛会。立ち見席も一杯で帰られる方がいたのが心残りでした。

8月28日~31日区内各種団体と政策懇談会

 いのち・平和クラブの会派で来年度の予算要望に向け、区内各種団体との政策懇談会を実施。今年は初めてNPO団体協議会との懇談を行い、“協働”について勉強になりました。リサイクル・清掃事業者との懇談では、金や銀の色を使った菓子の箱(右上)や臭いのある洗剤やピザの箱(右下)等の紙は、資源(リサイクル)には入らないことを再確認。周知させようと思います。
 

 
新城せつこの区政報告(2017年9月272号)を発行
2017/09/27 水曜日 10:30:51 JST

新城せつこの区政報告(2017年9月272号)を発行しました。



和泉学園・浜田山・高井戸の学童クラブ待機児童解消を 

 9月11日から第3回定例会が始まりました。9月末から決算委員会に入り、10月13日までの33日間の日程です。来年度の予算に反映させる重要な過程で、この間いただいた要望や課題を、一般質問や決算審議で取り上げ、実現をめざします。

 無所属区民派からは、新城せつこ議員が一般質問に立ち、(1)区長の歴史認識、(2)介護保険制度、(3)高齢障がい者の支援、(4)学童クラブの待機児童問題、(5)外環道について質問しました。

 今年4月、学童クラブの待機児童が大幅に増え、浜田山・高井戸・和泉地域では、2年・3年生に入れない児童が出ました。保護者から不安の声が寄せられました。当面の緊急対策と、来年度に向けて抜本的対策を求め、区の積極的姿勢を確認できました。

低学年の待機児童は早急に解消を

 保育園に続き学童クラブの需要が増え、登録児童数は2012年度3,207人から今年度4,172人と965人増えています。全体では受け入れ人数が登録人数を上回りながらも、地域によっては待機児童が生まれ、12年度44人、昨年度は84人と年々増加、今年4月は199人と2.4倍に膨れ上がりました。3年生が72人と4年生が82人で、待機児童の8割を占めています。

 和泉学園では2年生に1人、3年生が5人の待機児童があり、浜田山では2年生に2人、3年生15人、高井戸でも3年生に10人出ています。

国基準上回る学童クラブの質維持を

 児童館の直接来館制度とランドセル来館が待機児童の受け皿になり、1,271名の登録者のなかには、待機児童の6割が利用しています。開園時間が10時の児童館で、夏休み中の朝の学童クラブ待機児童受け入れは困難です。 杉並区の学童クラブは高度成長期に女性の就労が進み学校から帰っても親がいないため鍵を持たされたいわゆる「かぎっ子」対策として始まり、児童館で実施され実績を上げてきました。2014年度国のガイドラインが改定され示された指針は、設備や職員体制など十分とは言えません。区としてこれまで通り、職員体制など国以上の水準で運営していくことを求めたところ、姿勢が確認できました。また学童クラブは、障害児の受け入れの実績があり、障がい者差別解消法の実施に伴い、職員体制と受け入れの拡大を確認しました。

抜本的な対策と年内に保護者説明を

 11月に募集があり、結果が2月にしかわからない状況で、保護者に不安を与えています。来年度に向けた抜本的対策と、保護者の安心を得るために年内の説明を求めました。
 

 
8月20日(日) 第13回 沖縄とむすぶ杉並集会のご案内
2017/08/08 火曜日 13:00:31 JST

第13回 沖縄とむすぶ杉並集会

8月20日(日) 13時30分~15時30分(開場13時10分)

勝つ方法は決してあきらめないこと!

山城博治さんが語る

2016年記録映画『高江ー森が泣いている2』上映
※「時間の都合で変更の可能性あり」

場所:阿佐谷地域区民センター 第4・5集会室

参加費:500円

山城博治さんプロフィール

沖縄県具志川市生まれ。県立前原高校で生徒会長を務め、米軍の事故や犯罪に抗議。法政大学社会学部卒業。県庁に勤め駐留軍従業員対策事業、不発弾対策事業など担当。自治労沖縄県職労、沖縄平和運動センター事務局長。辺野古新基地や東村高江ヘリパッドの反対運動の先頭に立つ。沖縄平和運動の象徴的存在となっている。

2016年記録映画『高江ー森が泣いている2』上映
※「時間の都合で変更の可能性あり」

藤本幸久・景山あさ子両監督の共同作品。東村高江のある沖縄島北部、やんばるの森はノグチゲラやヤンバルクイナも棲息する自然の宝庫。この森に米軍の北部訓練場がある。高江の人口は140人。集落を囲むように6ヵ所のヘリパッド建設が2007年から始まったが、住民は座り込みで抵抗。4ヵ所はまだつくられていない。新たなヘリパッドはオスプレイのためのもので、従来のヘリコプターよりも騒音がひどく、墜落の危険性が高い…。

主催:沖縄とむすぶ杉並集会実行委員会

呼びかけ:上江田千代ひめゆり学徒生存者・亀川正子・渡辺喜代子
     三国清美・真野美代子・福原玄春・仲里克彦・大城洋子
     小堀房子・小多宏子 新城峯子・東仲盛光・新城せつこ

連絡先:〒168-0063 杉並区和泉1-48-13 TEL 090-1500-9886(新城)

集会への参加とご賛同のお願い

 沖縄出身者が中心となり、2002年故大田昌秀元県知事講演を初回とした沖縄とむすぶ杉並集会は、今年で13回目を迎えます。沖縄戦72年、日本返還45年を経てもなお、基地を押し付けられ何一つ変わることのない沖縄の現実に、あきらめず日々たたかう沖縄と結び、行動することを誓い取り組んできました。加計学園問題を握り潰し、共謀罪強行採決と横暴を繰り返す安倍政権に、沖縄とともに党派や立場を超えて敢然と立ち向かい、政治を変えるための希望を拓きたいと思います。ご賛同とご参加をお願い致します。

 皆さんのご支援、ご協力をよろしくお願いします。

(賛同者・敬称略)そね文子,奥田雅子,けしば誠一,市来とも子,川野たかあき,増田裕一,太田哲二,
河津利恵子,山本あけみ,山田耕平,くすやま美紀,富田たく,金子けんたろう,上保まさたけ,松尾ゆり福士敬子,小松久子,吉田はるみ,清光正孝,小笠原恵子,坂井泉,他(7月7日現在)

申し込み:FAX 03-5376-3678 

可能な方は1口1000円からのカンパを宜しくお願いします。

カンパは辺野古と高江に届けます。

郵便振替口座:00180-5-623116 月桃(サンニン)の会

 

 
新城せつこの区政報告(2017年7月269号)を発行
2017/07/10 月曜日 19:03:54 JST

新城せつこの区政報告(2017年7月269号)を発行しました。

自民57→23歴史的惨敗 安倍首相は民意に応え退陣せよ
森友学園、加計学園幕引き、共謀罪強行に怒りの審判

安倍首相が招いた歴史的大敗

 都議会議員選挙は、現有57議席を半数以下の23議席に減らす、自民党の歴史的大敗を喫す結果となりました。これは加計学園問題や共謀罪の採決強行、閣僚の度重なる失言を安倍首相がかばい続けたことに対する広範な怒りの現れです。加計学園から、200万円の献金を受けていた下村文科大臣が都連会長を辞したのは当然としても、安倍首相が、自ら招いた惨敗の責任を取り首相を辞すのが筋というものです。

都民ファーストが安倍批判の受け皿に

 55議席へと躍進した都民ファーストは、選挙前に、「豊洲移転と築地の再開発」というあいまいな態度を表明。金のかかる方針を出し期待外れとなりながら、他に受け皿がないという理由で支持を広げました。安倍首相の「憲法改正」は、同じ日本会議に席を置く小池知事の持論でもあり、今後は橋下大阪維新とともに安倍政権に協力する危険性は、まだ知られていません。

リベラルな民意を反映する力が後退

 一方、無所属区民派が支援した小松久子さんは次点にとどまりました。ご支援いただいた方には、公職選挙法上の規定によりお礼の記載はできないためご了承ください。民進党も区内では共倒れとなり、野党共闘に反対していた議員が都民ファーストに移り5議席に後退。生活者ネットも1議席になり、リベラルな民意を反映する力が都議会から後退しました。小松さんの議席を失ったことは、無所属議員や支持政党のない区民が頼りにしてきただけにとても残念です。

都議選結果を受け2020年改憲阻止へ

 都議選結果をうけ、臨時国会を開かせ森友・加計学園問題で安倍首相に責任をとらせましょう。自民党の大敗は、安倍改憲に反対する民意です、野党共闘をさらに強め、安倍首相を退陣へと追いこみましょう。

 
けしば誠一の区政報告(2017年7月316号)を発行
2017/07/10 月曜日 18:58:16 JST

けしば誠一の区政報告(2017年7月316号)を発行しました。

自民57→23歴史的惨敗 安倍首相は民意に応え退陣せよ
森友学園、加計学園幕引き、共謀罪強行に怒りの審判

安倍首相が招いた歴史的大敗

 都議会議員選挙は、現有57議席を半数以下の23議席に減らす、自民党の歴史的大敗を喫す結果となりました。これは加計学園問題や共謀罪の採決強行、閣僚の度重なる失言を安倍首相がかばい続けたことに対する広範な怒りの現れです。加計学園から、200万円の献金を受けていた下村文科大臣が都連会長を辞したのは当然としても、安倍首相が、自ら招いた惨敗の責任を取り首相を辞すのが筋というものです。

都民ファーストが安倍批判の受け皿に

 55議席へと躍進した都民ファーストは、選挙前に、「豊洲移転と築地の再開発」というあいまいな態度を表明。金のかかる方針を出し期待外れとなりながら、他に受け皿がないという理由で支持を広げました。安倍首相の「憲法改正」は、同じ日本会議に席を置く小池知事の持論でもあり、今後は橋下大阪維新とともに安倍政権に協力する危険性は、まだ知られていません。

リベラルな民意を反映する力が後退

 一方、無所属区民派が支援した小松久子さんは次点にとどまりました。ご支援いただいた方には、公職選挙法上の規定によりお礼の記載はできないためご了承ください。民進党も区内では共倒れとなり、野党共闘に反対していた議員が都民ファーストに移り5議席に後退。生活者ネットも1議席になり、リベラルな民意を反映する力が都議会から後退しました。小松さんの議席を失ったことは、無所属議員や支持政党のない区民が頼りにしてきただけにとても残念です。

都議選結果を受け2020年改憲阻止へ

 都議選結果をうけ、臨時国会を開かせ森友・加計学園問題で安倍首相に責任をとらせましょう。自民党の大敗は、安倍改憲に反対する民意です、野党共闘をさらに強め、安倍首相を退陣へと追いこみましょう。

 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ > 最後 >>

結果 1 - 5 of 183