おしらせ
新城せつ子の杉並区民ニュース 2016年新年号(NO.240)を発行しました
2015/12/26 土曜日 19:49:35 JST

新城せつ子の杉並区民ニュース 2016年新年号(NO.240)を発行しました。



危険なマイナンバーカードの申請はやめましょう

 10月5日からマイナンバー制度が施行されました。本会議や委員会質疑を通じて、個人情報漏えいのおそれや監視社会に向かう危険性を示し、関連議案に反対しました。会派で10万枚のビラを作成し、危険なマイナンバーカードを申請しないよう、宣伝に努めました。

マイナンバーカードは義務でありません

 マイナンバーカードは住所、氏名、年齢、性別、顔写真つき、裏面に個人番号が記されます。紛失したり 他人に見られれば、個人情報の不正利用やストーカーなどの恐れが生じます。パスワードを知られ、他人が“私”になりすまして手続きをしたり、財産の被害を受けるなどの事件が、アメリカや韓国で多発しています。

 カードは任意であり、手続きなどで必要な場合も、送られてきた「通知カード」と健康保険証や免許証などと一緒に出せば本人確認で困ることはありません。

一生変わらない番号制度は日本だけ

 Gセブン・欧米などで日本のマイナンバー制度のような、全員強制、生涯不変で官民共通の番号制度を導入している国はありません。アメリカやカナダでは任意の社会保障番号、ドイツやイタリアは納税分野だけの番号制度です。イギリスでは、日本と同じ共通番号カードを導入しようとして、個人情報の危険性から反対が多く中止になりました。

 クレジットカード番号が住民登録番号で一元管理されている韓国では、昨年クレジットカード会社3社や銀行口座関連の個人情報約1億400万件が流出。アメリカのなりすまし犯罪は3年間だけで約1179万件、被害額は約1兆7300億円にも上り、被害に対する補償は全くありません。

申請しても今から断ることができます

 通知カードとともに返信用封筒が同封されてきたことで、カードの申請書を送ってしまった方もいると思います。カードは任意ですから、今から区に断れば、申請を取り消すことができます。今後もプライバシーや財産を守るため情報提供に努め、ご相談に応じます。お気軽にお電話ください。   090-1599-9886(新城) 

安倍政権の憲法違反・戦争法強行に「いのち・平和クラブ」を結成
児童や高齢者の福祉第1、いのちと平和を守る区政を築きます

 皆様のお力添えで高位当選を果たした区議選後の5月7日、杉並区議会に6名の議員で「いのち・平和クラブ」を結成しました。沖縄に学び平和を守る一点で力を合わせ、安倍政権の暴走に、地方議会から声をあげるためです。区議会では自民党や公明党に次ぐ力です。

 けしば・新城への変わらぬご支援と、新たな会派へのご協力をお願いいたします。

憲法擁護の“杉並と世田谷”の重要性

 憲法の危機に、23区の中で憲法を擁護する田中良区長と保坂展人世田谷区長の存在は重要です。田中区長が「憲法は、悲惨な戦争を体験した当時の国民の総意」「人権を守るために国家権力を規制するもの」と答弁した内容は、憲法本来の正しい規定であり、評価しました。

沖縄に学び 平和を守る一点で手を結ぶ

 4月区議選で次世代や維新の会が台頭し、参院選を前に山田前区長が次世代から自民党に入党、次期区長選で対立候補を出す公算が強まりました。いまこそ、翁長県知事を先頭に安倍政権と闘う「オール沖縄」に学ぶときです。

 反原発自治体議員・市民連盟を立ち上げ、「福島を忘れない!」を原点に、原発再稼働を止める取組みを進めてきました。一昨年6月には、全国の自治体議員が「自治体議員立憲ネットワーク」を結成し、現在は500名を超えました。さらに1000名をめざし、沖縄の自治体議員と連携し、安倍政権に対する闘いを強めています。

 区議会では、17名の超党派の議員が結び、安保関連法廃止を求め行動を続けています。

子どもや高齢者を大切にする区政めざす

 いのち・平和クラブは、「自治体の責務は福祉の増進」という田中区長の姿勢を評価します。日頃生活保護や若者の就労問題に力を注ぎ、当事者とともに力を合わせ、困難事例も解決してきました。2015年度予算で、保育園待機児童解消と認可保育園増設、特養の待機者問題を緊急課題に据えたことは大きな成果でした。

 区立施設再編整備計画で、「児童館廃止」を打ち出した区を批判し、児童館事業の重要性を再確認させました。利用者や職員の声を聞き、児童館に替わる「子ども子育て和泉プラザ」に、乳幼児親子の集いの場とともに、小・中高生の放課後の居場所を設置することができました。

議員には要望を実現する責任があります

 築50年を超え老朽化した施設の建て替えにあたり、50年前とニーズや施策の優先順位が変わった現実があります。保育園に続き学童クラブの待機児童解消の課題や、世相から子どもの安全な居場所がより求められています。最も困った人々の要望に寄添い、必要な施策を求め、実現するために力を尽くします。

2016年度予算要望を区長に提出

☆区内各種団体から予算要望を聞き取り

 7月末から4日間にわたり、区内各種団体との懇談会をもち、22団体から貴重なご意見や来年度の予算要望をお聞きしました。それらの内要を検討し、会派としての要望に加えてまとめ、9月3日、区長に要望書を提出しました。 

☆寄せられた切実な要望を区長に提出

 精神障がい者団体からの要望は、医療費助成や福祉手当が他の障がい者施策とくらべ不十分な差別解消を求めたものです。

 会派としての要望提出は私たちが第1号。切実な要望をめぐり区長と懇談でき、第4回定例会で全会一致の意見書提出にこぎつけました。

☆4月から家庭用電気も自由化
原発に頼らない電気を購入しましょう
 
 今年4月から家庭向けの電力小売市場が完全自由化されます。今後は、家庭でも東京電力などの大手電力事業者以外の特定電気事業者(PPS)から電力を買うことができるようになります。

 無所属区民派は区に対し、発電した電気が再生可能エネルギーをたくさん含んでいる事業者から購入するよう求めました。しかし現状では電気事業者にその電源構成を示す義務はないということです。原発を止めるためにも、今後は事業者に、電源構成(原子力、石炭、LNG火力、再生エネルギーなど)を明示するよう求めます。

☆区の非常勤職員の労働条件改善を!
 
 区役所や区立施設で働くパートや嘱託などの非常勤職員は、産休代替にはじまり、今は人件費削減の穴埋めに使われています。正規職員と同じ仕事に携わり、区民からは正規職員と同じように責任が問われます。区役所は非常勤なしでは1日たりとも動きません。6年で雇止めになる雇用年限制度の廃止を求めてきましたが、区はさらに6年延長を可能としました。決算委員会では、一部自治体で支給されている一時金・退職金も支給するよう要望しました。

障がい者支援の拡充を!

☆精神障がい者の福祉手当拡充を求める

 東京都への意見書を決議しました

 精神障がい者家族会から、11月に「精神障がい者に対する心身障害者福祉手当の支給等を求める東京都への意見書」を求める陳情が出されました。直ちに私が所属する保健福祉委員会で審議し委員全員で採択しました。その後の12月8日の本会議で、議員全員の賛成で議決されました。これを機会に、精神障がい者への理解がいっそう深まることを期待し、福祉手当拡充に結びつくよう力を尽くします。

伊方原発再稼働反対!  -請願提出-
30㎞圏自治体の同意と住民説明は不可欠

 11月16日、伊方原発30㎞圏自治体(宇和島市、西予市、八幡浜市、大洲市、内子町、伊予市)の首長と議会に、全国191名の自治体議員連名の請願・陳情をけしば議員が提出しました。福島第1原発事故では50㎞を超えた飯館村でも全村避難。チェルノブイリでは30㎞圏は立ち入り禁止区域。30㎞圏内の自治体の同意と、住民説明は不可欠と求めました。

★ 2015年4月~2015年12月の活動日誌

 
1月17日、新春の集いのご案内
2015/12/26 土曜日 18:44:22 JST

新春の集いのご案内

 明けましておめでとうございます
 お健やかに新春をお迎えのことと存じます。
 昨年の区議選では、皆様のお力添えをいただき、けしば・新城ともに高位で当選を果たすことが出来ました。この力をバネに、沖縄に学び、区議会で平和の一点で手を結んだ六人の議員で「いのち・平和クラブ」を立ち上げました。必要な課題は、党派を超えて手をつなぎ実現し、言うべきことは厳しく言い切る姿勢を貫いています。保育園待機児童対策と特養待機者解消、子どもの安全ない場所づくりをすすめ、誰もが安心して暮らせる福祉第一の杉並をめざします。
 昨年夏、憲法違反の安保関連法を強行した安倍政権に、全国の自治体議員の党派を超えた連携を強め、戦争への道を阻むためにさらに力を注ぎます。皆さまのいっそうのご支援をお願いいたします。 
 つきましては、左記の要項で、「新春の集い」を開催いたします。ご多忙の折とは存じますが、ご参加下さいますようお願いたします。 
   二〇一六年 元旦

けしば・新城 後援会
杉並区議会議員 けしば誠一
杉並区議会議員 新城せつこ

●期日 1月17日(日曜日)
●開会 11時30分( 開場 11時 )
●場所 荻窪タウンセブン8階
 (荻窪駅北口すぐ 西友・タウンセブン)
●会費 2000円(ご家族は1000円)
 お弁当とお飲み物を用意します。14日までにご連絡をよろしくお願いします。

メッセージ 田中良杉並区長・保坂展人世田谷区長・他
ニューイヤーコンサート・沖縄サンシン

【今年は沖縄とともにを合言葉に!】
 

 
12月18日(金)、くらし・労働・法律相談会のお知らせ
2015/11/24 火曜日 11:37:50 JST
くらし・労働・法律相談会

日時 12月18日(金) 午後6:30~8:30
場所 あんさんぶる荻窪・第1集会室
担当 荒木昭彦弁護士

 高校生・大学生向けの皆さん、「ブラックバイトでは?」の相談もお受けしていますので、お気軽にご利用ください。
 事前にご連絡いただけると、幸いです。
 
ちょっとまって!! マイナンバーカ-ドの申し込み マイナンバー学習講演会のお知らせ
2015/11/24 火曜日 11:23:50 JST

杉並区議会いのち・平和クラブ区政報告2015年11月号を発行しました。

 

マイナンバーカードの申請はやめましょう。

9月10日から始まった第3回定例会・決算特別委員会が10月16日に終わりました。いのち・平和クラブは、2015年4月選挙の後、区民のいのち・くらし・平和を守るために結成した新しい会派です。一般質問や決算特別委員会で、児童館など施設再編整備計画、マイナンバー制度、子どもの貧困対策、LGBTs(性的少数者)施策、子宮頸がんワクチン被害者対策、小中一貫教育などの課題について質問しました。10月から施行されるマイナンバー制度について、この間の質疑を通して制度の問題とマイナンバーカードの危険性を明らかにしました。ご意見をお寄せください。

1月から発行されるICチップの入ったマイナンバーカードは、諸手続きや民間でも本人確認に使われます。紛失したりカードのパスワードを知られると、他人がなりすまして手続きをしたり、あなたの個人情報を入手する危険があります。あえて危険なマイナンバーカードを申請する必要はありません。

市来とも子・奥田雅子・川野たかあき・けしば誠一・新城せつこ・そね文子
杉並区議会いのち・平和クラブ
 〒166-0011 杉並区阿佐谷南1-15-1
 TEL 03-3312-2111(代) FAX 03-5378-8212

★ マイナンバー学習講演会
 とき:12月5日(土)午後2時~4時半
 ばしょ:タウンセブン荻窪・8階
 荻窪駅北口すぐ(西友)
 講師:白石孝さん(プライバシーアクション・共通番号いらないネット代表世話人)
 参加費:500円
 問合せ03-5938-0802(市来),090-1500-9886(新城) 

 
10月5~13日 決算特別委等の質問時間です
2015/10/05 月曜日 09:55:16 JST

★ 10月5日(月)11:00~13:30
総括・歳入(区税、交付金、区債)
・そね(8分)
・川野(5分)
・市来(7分)
・けしば(12分)

★ 10月6日(火)15:00~
議会・総務・生活経済・職員
・けしば(12分)
・川野(7分)
・奥田(7分)
・市来(10分)

★ 10月8日(木)11:00~
保健福祉・環境清掃
・そね(6分)
・奥田(6分)
・川野(6分)
・市来(6分)
・新城(12分)

★ 10月13日(火)10:00~
都市整備・教育
・市来(12分)
・新城(12分)
・そね(12分)

 

 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ > 最後 >>

結果 36 - 40 of 193