おしらせ
新城せつこの区政報告(2018年5月 291号)を発行
2018/06/21 木曜日 15:19:44 JST

新城せつこの区政報告(2018年5月 291号)を発行しました。



議員選出監査委員1名法律専門家に替え監査機能充実

 5月17日―18日の臨時議会で監査委員会条例を改正しました。区の監査委員は、自治法の規定により 区職員のOBと税理士や公認会計士などの専門家、議員選出の2名の計4名で構成されてきました。議員選 出監査委員には、議員報酬の他に月15万1千円の報酬が支払われ、議長・副議長とともに与党会派の中 で一年ごとにたらい回しされてきました。行政から独立した機関として公正な監査が期待できず、無所 属区民派は議員選出監査委員の廃止を求めてきました。昨年6月地方自治法が改正され、議員選出監査 委員を1名に減らし、専門委員を増やして監査機能を充実させるとともに、条例によって、議員選出監 査委員を選ばないこともできるようになりました。

議員選出監査委員廃止への第1歩

 5月17日総務財政委員会で、区が議選監査委 員を1名残した理由を確認。区は「新たに加え た法律専門家とともに、議選監査委員が区民 目線で監査を実施してきた実績から、議員の 専門性を活かしていく」と答弁しました。 次に議選監査委員の職務の実態を質問。年間6 0日から80日監査にあたり、施設建設の監査で、 近隣住民への対応など議員ならではの視点で 監査が行われた実績が示されました。

議選監査を廃止した大阪府大津市

 一方、大阪府や大津市では、議員提案で議 選監査委員を廃止したことを確認しました。 大津市では、法改正をにらみ昨年6月から議 員間で議論を重ね、議会運営委員会で全会派 が廃止方針で合意した結果でした。これまで の経過から、議会の側が議選監査委員をどう するか一致しなければ、行政が一方的に議選 監査委員を廃止することはできません。区か ら提案された議選1名削減を契機に、議会側か ら選監査委員の是非について廃止も含む議論 を進めることを提案し議案に賛成しました。

議長自民・公明副議長に反対

 18日、本会議で条例案が全会一致で採決され た後、議長・副議長の選挙と監査委員の選任 がなされました。議長には自民党の大熊議員、 副議長には公明党の中村議員が選ばれました。 私たち「いのち平和クラブ」は、議長にけし ば誠一、副議長に曾根文子を書き、1年ごとの 役職のたらい回しに5票の批判票を投じました。 監査委員の人事議案には、弁護士の新たな 選任には賛成し、議員選出議案には反対のた め、採決時には会派全員で退席し反対の意思 を示しました。

 
けしば誠一の区政報告(2018年2月333号)を発行
2018/02/15 木曜日 00:00:00 JST

けしば誠一の区政報告(2018年2月333号)を発行しました。



生活保護費160億円削減はNO!低所得者への支援策拡充が先決

 政府は今年10月から3年かけ、生活保護費のうち生活費にあたる「生活扶助」を、最大5%まで引き下げることを決めました。自公政権による2004年以降の度重なる引き下げで、都市部の70歳以上の単身世帯では、生活扶助費は2割以上減らされ、今回の引き下げで合わせて24、3%のカットになります。削減の口実は、現行の基準額が生活保護を受けていない低所得世帯の生活水準を上回っていることです。日本では生活保護基準以下の収入の人のうち、実際に利用している人の割合(捕捉率)は2割程度で、欧米各国と比べ著しく低いのが実態です。

生活保護削減で福祉や賃金景気が下る

 生活保護基準の引き下げは、区で実施される低所得世帯向けの減免制度の多くに影響します。住民税非課税基準、国民健康保険の保険料・自己負担部分の減免基準、介護保険の保険料・利用料の減額基準、障害者自立支援法による利用料の減額基準、就学援助の給付対象基準が下がり、受けていた世帯で受けられなくなる人がでてきます。 また最低賃金法では、最低賃金は「生活保護にかかる諸施策との整合性を図る」とされており、生活保護基準が引き下げられれば最低賃金も下げられます。そうなれば多くの方が日用品の買い控えをせざるを得ず、中小事業者の売り上げに影響し、持ち直したといわれる景気を悪化させます。

受給者が「生きていけない」と訴え

 生活保護の引き下げに反対し12月19日、衆議院第1議員会館に、生活保護受給者ら約160人が集い悲痛な叫びをあげました。脳性まひで電動車いす生活のKさん(45)は「障害者や病気の人は早く死んでくださいと言わんばかり」、東京都のMさん(75)は「これ以上下げられると生きてゆけない。上に着るものは周りの人がくれて、下着とジーパン、靴とソックス程度しか買わない。それでも髪は伸びるし、電気製品は10年以上たつとダメになる」と実態を訴えました。

区民への影響に区の支援を求める

低所得者の多くが生活保護基準以下というなら、生活保護を削るのではなく、低所得者への支援策を強めるべきです。また必要な人が安心して受けられる生活保護制度の拡充が先決です。9日からはじまる予算議会で、生活保護の削減がもたらす区民への影響を確認し、区のできる支援策と、区長会からの国への要請を求めます。

新春の集い100余名の参加で盛況

 1月21日、けしば・新城後援会の「新春の集い」は、風邪による欠席届が寄せられる中、100名を超すご参加をいただきました。優雅で力強い朝鮮舞踊と朝鮮の横笛の演奏で幕を開け、琴と尺八の春の調べを堪能していただき、皆様と懇親を深めました。保坂世田谷区長のメッセージ、立憲民主党吉田はるみさんからお礼のご挨拶。田中区長からは、福祉と災害対策等自治体の課題と、今年焦点の憲法に関して、9条と並ぶ重要な「99条国務大臣などの憲法遵守義務」について話されました。 新城議員は映像を使って区政報告、私からは、安倍政権の改憲発議に改憲を阻み、福祉第一の杉並をめざす決意を述べました。

外環道シールド発進現場を視察

12月18日、道路交通対策特別委員会で、外環道本線のシールド工事現場を視察しました。博多駅前トンネル工事の崩落事故や、横浜環状北線の工事現場から400メートルの住宅街が地盤沈下するなど、トンネル工事の安全性が疑問視されています。外環沿線住民から緊急時の避難計画が求められ、国もその準備を進めています。中央ジャンクションと大泉 ジャンクションの工事現場を見ながら説明を受け、シールドの本格発進の見通しがたったことを確認しました。シールド発進前に、避難計画の発表と住民説明会が待ち望まれます。

>> 続きを読む...
 
新城せつこの区政報告(2018年1月281号)を発行
2018/02/15 木曜日 00:00:00 JST

新城せつこの区政報告(2018年1月281号)を発行しました。



2018年中の改憲発議に、平和と福祉を守る自治体から歯止めを

 自民党は2018年中に改憲案を発議し、19年春に国民投票を実施することを目指すと公表しました。2018年度の予算案は、福祉を大幅に切り捨て、9条改憲策動に合わせた大軍拡へと転換する予算案となりました。

医療・介護や生活保護費を大幅に削減

 医療・介護などの社会保障予算の「自然増」分は1,300億円削減され、6年間で1.6兆円もの大幅削減となりました。2013年度から3年連続で下げられた生活保護費はさらに削減が打ち出されています。富裕層の金融所得への優遇税制には手を付けず、「格差と貧困」の是正を求める声に背を向け低所得層に負担が強いられるばかりです。

「子育て支援」より道路や原発を優先

 安倍首相が総選挙で公約した「幼児教育・保育無償化」「大学費の負担軽減」などは、消費税増税を予定する19年度以降に先送り。
文教予算は4年連続でマイナスとなり、生活保護の母子加算や0~2歳児の児童養育加算も削減され、「子育て応援」は選挙目あての言葉だけのものでした。
高速道路には1.5兆円もの財政投融資金が14年ぶりに投入され、原発再稼働と核燃料サイクル推進の予算は温存されています。

軍事費の高騰で敵基地攻撃が可能に

 その一方で、軍事費は5兆1911億円と6年連続増額となり、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」導入、オスプレイ、ステルス戦闘機F35、新型空中給油機等が増強されます。
とりわけ、長距離巡航ミサイル導入のための関連経費の計上は、日本が初めて「敵基地攻撃能力」を保有する布石となるものです。米軍への「思いやり予算」、辺野古新基地建設などの米軍再編経費も大幅に増額され、過去最高の4,180億円となりました。

「憲法擁護」の田中区政継続に期待

 7月は区長選挙が行われます。現在、自民党と共産党がそれぞれ対立候補を準備中です。無所属区民派は、田中区長が保坂世田谷区長とともに、「憲法擁護」を首長の責務とし、福祉増進を自治体の第一課題としている姿勢を評価します。安倍首相により憲法が破壊され、“貧困と戦争”がもたらされる危機に際して、平和と福祉を守る地方自治体の存在が、確かな歯止めとなると考えます。本年もどうぞよろしくお願いします。 

>> 続きを読む...
 
2月9日~3月15日 杉並区議会第1回定例会質問予定
2018/02/11 日曜日 19:03:21 JST
杉並区議会第1回定例会質問予定

2月9日~3月15日まで開会します。

◎2月9日〜10日代表質問
★2月15日午前11時 一般質問(けしば)
★2月22日午前10時 文教委員会質問(新城)
★2月23日午前10時 総務財政委員会質問(けしば)
★2月27日午前10時 道路交通対策特別委員会質問(けしば)
★2月28日午前10時 災害対策特別委員会(新城)
★3月2日〜13日10時 予算特別委員会質問

◎3月14日会派意見表明・予算委員会採決

◎3月15日本会議・議案採決
>> 続きを読む...
 
新春の集い100余名の参加で盛況
2018/02/11 日曜日 17:53:06 JST
新春の集い100余名の参加で盛況 1月21日、けしば・新城後援会の「新春の集い」は、風邪による欠席届が寄せられる中、100名を超すご参加をいただきました。
優雅で力強い朝鮮舞踊と朝鮮の横笛の演奏で幕を開け、琴と尺八の春の調べを堪能していただき、皆様と懇親を深めました。 保坂世田谷区長のメッセージ、立憲民主党吉田はるみさんからご挨拶。田中区長の挨拶で福祉を守る自治体の役割と今年焦点の憲法に関して9条と並び重要な「99条憲法尊重遵守義務」について話されました。新城議員は映像を使って区政報告、私は、安倍政権の改憲発議に改憲を阻み福祉第一の杉並をめざす決意を述べました。

Image

Image Image
>> 続きを読む...
 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ > 最後 >>

結果 6 - 10 of 193