区内の新型コロナウィルスの状況について

※詳しくは杉並区役所HP(https://www.city.suginami.tokyo.jp/)をご覧ください

●佼成病院では3月7日から新規入院及び外来を再開
佼成病院は、入院患者に陽性反応が出た直後から、新規入院及び外来診療を中止していましたが、保健所の指導を受け院内の安全が確認できた3月7日から、新規外来者の症状の確認を行いながら診療を再開しています。
区のホームページ佼成病院ホームページを参照ください

●杉並交通の乗務員は退院、濃厚接触者も安全確認
一部SNSで「杉並区内に入院している杉並交通のドライバーが新型コロナウイルスに罹患した」「新型コロナの患者を搬送した」等の書き込みがありましたが事実無根です。詳しくは杉並交通のホームページで確認ください 

●3月25日まで小中学校は休校
当初2週間としていた世田谷区、中野区も25日まで休校にし、その後春休みに入ります。20日の国のコロナ対策専門家会議を受け、萩生田文科大臣は全国一律の休校要請について継続しない見通しを示しました。文部科学省は、新学期の再開に向けて、ガイドラインの作成を急ぐ方針です。今後、区の対策が待たれます。

●3月26日区議会招集、コロナ対策補正予算審議
国の新型コロナ対策の補正予算成立を受け、杉並区内の対策を講ずる補正予算が組まれます。すでに区内病院や介護施設にマスク購入などを支援する補正予算を講じましたが、さらに対策を強めていくためのものです。