医療従事者の子どもの保育園受け入れを優先

4月13日の区長記者会見で、いくつか重要な報告がありました。その一つが医療機関で感染者がいた場合、その病院に勤務する医師や看護師の子どもを保育園に登園させない、という事例が区外であったことです。報道によれば、職員や家族の4分の一が差別や偏見にさらされているとのこと。そういった風評被害がまかり通れば、家庭で過ごすしかなく、医療従事者の不足に拍車がかかることになります。区長は、医療従事者の子どもが区外の保育園から受け入れを拒否されたら、杉並区の保育園で受け入れると表明されました。