非正規職員や区の委託事業で働く職員の賃金補償を区が約束

写真はセシオン杉並。この間区の施設は休館で、管理運営を委託している事業者の職員も自宅待機でした。

6月2日一般質問3日目に、けしば誠一が、①新型コロナ対策、②10万円給付とマイナンバーカードについて、③外環道と外環地上部街路(外環の2)について質問しました。新型コロナ対策では、生活困窮者への支援策と緊急事態解除後の第2波、第3波に備えた積極的取り組みを確認できました。

コロナ対策で交代勤務を余儀なくされた区の非正規(会計年度任用)職員や、窓口業務や区立施設で働く委託事業者の職員(区民が大半)にも賃金補償がなされるよう求め、実施するとの答弁を得ました。