小児科医阿部知子議員からコロナ対策転換を学ぶ

阿部知子議員

8月22日、私たちが参加する無所属議員の集い(FILA,s)が呼びかけ、小児科医の阿部智子衆議院議員を講師に新型コロナ対策のZOOM学習会を開きました。「誰もが、いつでも、何度でも」PCR検査の拡大を実施した世田谷方式が注目されています。一方で国がPCR検査を抑えてきたことを擁護するために、「PCR検査をすれば患者が増える」「PCR検査をすれば医療崩壊する」という主張がマスコミで流布されています。感染症専門医、感染症学者が旗振り役となり、PCR検査を抑えてきた国を擁護する「感染症ムラ」の実態があわかりました。
第2波とも言える感染拡大は、PCR検査をクラスターや夜の街の感染者に絞り、無症状の感染者を野放しにしてきた結果です。いまこそ自治体が主導してPCR検査を拡大し誰でもが受けられる状況をつくることです。阿部議員から現状をお聞きし、自治体議員が全国から「PCR検査の拡大とそのための財政支援」を国に求める要請を行い、国の新型コロナ対策の転換をはかろうと確認しました。