9月1日関東大震災朝鮮人虐殺追悼式典に参加

9月1日関東大震災後、デマによって住民などに虐殺された朝鮮人の追悼式典が、墨田区にある横網町公園の慰霊碑前で行われ例年通り参加しました。胡弓のような朝鮮民族楽器の演奏に始まり、朝鮮総連東京都本部や朝鮮人強制連行真相調査団の追悼の辞に続き、日朝友好促進東京議員連絡会から川野副代表(新宿区議)が追悼の言葉を捧げました。
小池都知事は今年も追悼文を送らず、公園を管理する都から、朝鮮人・中国人の追悼式典を開いてきた団体に、大音量で混乱を起こさないとする「請託書」の提出を求めてきました。会場の隣で、右翼団体が「大虐殺はなかった」と主張する集会を大音量で開くことへの対応を、同時に妨害を受けてきた団体にも求めてきたことは許せません。弁護士会をはじめ各界からの抗議でさすがに撤回されました。差別と迫害の歴史をなかったことのようにする風潮を断ち切るために、日朝議連はさらに力を尽くします。

追悼式典

胡弓演奏