「東原コミュニティふらっと」を見学しました

東原コミニティふらっと入り口で

12月25日、東原児童館を改修した「東原コミュニティふらっと」内覧会があり、会派で見学してきました。今回選定された運営事業者は、もともと子育て支援事業を中心に活動していたNPOで、多目的室を小中学生が水・土曜日は使えるようにするなどの配慮がされていました。

自主事業では地域の方々の力を借りて学習支援を行うことや、高齢者の趣味活動の支援、これまでゆうゆう阿佐谷北館で、NPOが毎月行っていた子ども食堂も連携して継続できるようにしたことには安心しました。施設長は、今後は東原地域のニーズをしっかりつかんで行いたいなど語られ、意気込みを感じました。

小中学生の利用も配慮した多目的室

料理教室や子ども食堂に使える仕様に