8.6広島平和記念式典が規模縮小して開催

 

8月6日、76回目の「原爆の日」を迎えた広島では、新型コロナウイルスの影響で、昨年に続き平和記念式典が規模を縮小し、751名の代表参加で開催されました。杉並区は、昨年に続き今年も区立中学生の記念式典参加と原爆資料館などを見学する平和学習を企画していましたが、残念ながら実現できませんでした。

広島市の松井市長が平和宣言で「今年1月に発効した核兵器禁止条約に参加し、核保有国と非保有国の橋渡し役をしっかりと果たすよう」政府に求めたことに対し、菅首相は答えませんでした。その上、挨拶で「我が国は、核兵器の非人道性をどの国よりもよく理解する唯一の戦争被爆国であり、『核兵器のない世界』の実現に向けた努力を着実に積み重ねていくことが重要だ」などの最も重要な部分を読み飛ばす始末。しかも、黒い雨訴訟で政府が控訴しなかったことを自分の成果であるように自慢したことには開いた口が塞がりません。原爆の被害者でありながら、認められず放置された方々の裁判にまで訴えざるを得なかった苦しみに寄り添う姿勢やその反省が感じられません。

私たちは、被爆者の核廃絶を願いに応えられるよう、また子どもたちの未来に責任を果たすよう取り組みたいと思います。