9月24日、会派の来年度予算要望書を区長に提出

9月24日、いのち平和クラブの2022年度予算要望書を区長に提出しました。コロナ禍で来年度の歳入の減額が予想される中、必要な福祉や暮らしを守り、新型コロナの新たな感染拡大に備えた医療体制を充実する区の支援を引き続き求めました。特に、保育園の待機児童対策で私立保育園がさらに増加し、学童クラブに待機児童がふえる状況に対し、保育の質を維持するためには、現在ある区の直営保育園と、学童クラブの直営館を維持する必要性を強く訴えました。

会派全員で区長に予算要望書を提出