原電本店に東海第二原発9月再稼働の中止求める要請書提出

1月12日、「とめよう!東海第二原発 首都圏連絡会」が呼びかける日本原子力発電(株)本店抗議行動で、反原発自治体議員・市民連盟は、今年9月に予定する東海第二原発再稼働の中止を求める要請書を提出しました。第1に、原電本店が、この間コロナ禍を口実に、要請書を受け取らず机を置かせるという非礼な態度を続け、公益事業に携わる企業としての誠意も礼儀もないこと、第2に、敦賀原発2号機直下の活断層の可能性のある審査資料を改ざんした企業に原発を動かす資格がないこと、第3に、東日本大震災で被災した東海第二原発の耐震性に課題があり、大きな地震に襲われれば原発の建屋ともに内部構造物が破壊される恐れがあること、以上の理由から9月再稼働の中止を求めました。