大泉での外環シールド機損傷でトンネル工事半年間停止

大泉ジャンクション付近の外環工事現場

東日本高速道路は12日、外環道のトンネル工事について、シールドマシンの部品の損傷が判明したため練馬区の大泉ジャンクション近くの事業用地で行われている本線トンネル(南行)の掘削工事を半年程度停止すると発表しました。外環道ではほかに4機のマシンが掘削工事を行っているが4機については工事を継続するとのこと。同社によると、7日にシールドマシンのカッターが地中壁の鋼材に接触。その影響でマシンのカッターなどの部品が損傷し、部品の交換などの補修には半年程度を見込んでいます。

住民が申し立てた裁判で、調布でのシールド工事を止められた際に、安全が確認できるまで大泉での掘進も止めるよう求めてきたことは正しかったのです。調布だけでなく練馬から杉並にかけても大深度トンネル工事の不可能なことは明らかです。工事の停止をあらためて要望していきます。