都教委が安倍葬儀で都立学校に弔旗を求め複数校で掲揚

都教委が、7月12日の安倍葬儀の際に弔旗掲揚を都立学校に求め複数校が掲揚したことが、東京新聞で報じられました。他に全国7自治体(帯広、仙台、川崎、吹田、三田、福岡の6市教委と、山口県教委)で通知が出されたとのことです。国葬では、全国の自治体へ弔旗と黙とうが求められるおそれがあります。2006年の安倍首相による教育基本法改悪の結果ともいえ、これを阻むことが自治体と自治体議会の役割です。今から声を上げ、自治体議会で厳しく批判することです。また、NHK、テレ朝、フジが統一教会問題の報道をそれまでより抑えていることもこうした政治に対する忖度であり、メディアの責任放棄として厳しく断罪します。