岸田首相は福島の教訓を忘れ 原発7基追加と新設・運転延長を指示

水戸地裁に停止命じられ地元自治体の承認もない中、岸田首相が再稼働を指示した東海第二原発。

岸田首相は24日の「グリーントランスフォーメーション実行会議」で、原発の新設や運転延長の決定を急ぐように指示し、福島第一原発事故以来「原発の新設や建て替えはしない」としてきた政府方針の大転換を明らかにしました。これまで再稼働したことのある10機に加え、7機の追加再稼働に向け国が前面に立つことを宣言しました。れは、福島第1原発事故以来の「新設や建て替えはしない」という方針を転換するものです。福島第一原発事故の教訓から政府がとってきた姿勢を、国会での議論もないまま、非公開の会議で首相の一存で転換をすることはありえないことです。反原発自治体議員・市民連盟は岸田首相に対する抗議と発言の撤回を求める要請を内閣府に行うことにしました。