新型コロナの「5類」引き下げでは命守れない!

20日、岸田首相は新型コロナを今春に季節性インフルエンザと同等の「5類」に引き下げると表明しました。これに伴い、医療費の公費負担を段階的に廃止する方向も示されています。コロナ対応の補助金も廃止されコロナ病床を減らす事態も危惧されます。

現在コロナ感染は第8波に至り、医療のひっ迫、高齢者施設でのクラスター、過去最高の死亡者数など深刻な事態を過小評価する誤ったメッセージを発信することになります。軍事費を倍増し、一方でコロナ対策の医療費の削減を図る岸田首相の動きに、第1回定例会で反対の声を上げていきます。